利用者が実際に会う出会いを求めていることが重要

毎日SNSをチェックしては、何かしら更新する事が日課になっている人も増えているようです。
こういったSNSに疲れ始めている人もいるようですが、まだまだ利用者が多いことに代わりはありません。
ですが、いくら利用者が多いSNSであっても、新しい出会いを探す場所としては効率的ではないかもしれないのです。

利用者が多くても目的が違う

何しろSNSを頻繁に利用している人達は、既に中のいい相手とコミュニティが出来上がっている場合も多いのです。
既に関係が出来上がっているのですから、そこに新しく入っていくのは難しくなります。
新しい出会いを探している人もいますが、それはSNS上のやり取りだけしか考えていない場合もあるのです。
フォローして欲しいから出会いを探してはいても、実際に会うという考えを持っていない場合も多いのです。
もし恋人やセフレなどとの出会いを求めているのであれば、目的が同じ人達が多い出会い系サイトが便利なのです。

目的はあくまでも会える相手探し

出会い系サイトは実際に会える相手を探す場所なので、たくさんの人からフォローされようとする場所ではありません。
掲示板に書き込みをする場合、注目を集める書き込みをする事はあっても、きっかけを作ろうとしているだけなのです。
注目を集めるのは出会いが欲しいからであって、ネット上の反応だけを求めている訳ではありません。
不倫をしようと相手募集をする人妻もいますが、目的が違うだけで会える相手を探しているのです。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP